NTT合唱団

「音楽」と「コミュニケーション」 つなぐ、それは、うた。
NTTグループの社員、役員、OB・OG、派遣社員、家族・知人などから構成された合唱団です。

合唱団について

NTT合唱団とは

 2000年、「第九」演奏のため臨時に編成されたNTT第九合唱団のメンバーが中心となって設立。NTTグループの社員、役員、OB・OG、派遣社員、家族知人などから構成され、NTTグループメンバーによりすべてを運営しています。

 母体と名前から、大規模な団体をイメージさせますが、常時20名程度の小規模アンサンブルグループです。隔年での定期演奏会と毎年のクリスマスコンサートを中心に、東京都合唱祭、各種ボランティアコンサート、NTTグループ各社のイベントへの参加など、幅広く活動しています。

 合唱団の代表には、歴代のNTTコミュニケーションズ株式会社/日本電信電話株式会社の副社長(沖見勝也、野村雅行、海野忍、澤田純)が歴任後、2018年7月より島田明(2018年6月より代表取締役副社長 副社長)のもと、より積極的に音楽を通じて心触れ合う様々な企画に取り組んでいます。

 「音楽を通して人や声の調和と交流を図り、音楽を楽しみ感動を共有する」というコンセプトのもと、クラシックや現代曲、気軽に楽しめるミュージカルやゴスペルまで、レパートリーを固定せず、多くの人たちと音楽を通してつながることを大事にし、より高いレベルの演奏を追及し活動に取り組んでいます。

代表からのご挨拶

島田代表
NTT合唱団代表
日本電信電話株式会社
代表取締役副社長
島田 明
 NTT合唱団は、1999年に「第九」演奏のため臨時で作られた団体を母体とし、NTTグループより広くメンバーを集め2000年に結成されました。
 「つなぐ。それは、うた。」をキーワードに音楽を中心にさまざまな人とつながる楽しみを最大の目的として、創立当時からの指揮者 奥村伸樹氏の指導のもと、定期演奏会以外にもボランティア慰問やチャリティコンサート、また他企業団体とのイベントなど、だれにでも広く楽しんでいただけるよう音楽のジャンルにこだわらず活動をしております。
 これからも引き続き暖かく活動を見守っていただけますよう、お願い申し上げます。

指揮者のご紹介

奥村先生
奥村 伸樹
Nobuki Okumura
指揮者、オーケストラプロデューサー。宮城県仙台市出身。宮城県仙台第一高等学校を経て国立音楽大学卒業。96年、ヤングプラハ国際音楽祭(チェコ)、クラクフ国際音楽祭(ポーランド)にて指揮アシスタントを務めたのをきっかけに、これまで、オーストリア、イタリア、ハンガリー、フィンランド、エストニア、ルーマニアの各地で様々なオーケストラや合唱団と共演する。また、コシノジュンコファッションショー、NHK紅白歌合戦をはじめ、様々な音楽番組やテレビ番組企画のオーケストラ、CM、映画のプロモーションイベント、ホテルでの舞踏会等、数々のオーケストライベントに出演する。 各界の著名人から構成される「神楽坂女声合唱団」指揮者(1999-2003)、山田邦子団長率いるがん撲滅のチャリティ合唱団「スター混声合唱団」指揮者(2008-2012)。また、林隆三、B’z、DEEN、ソプラニスタ岡本知高、ESCOLTA、ジョン・健・ヌッツォ、Le Velvets、オペラユニット LEGENDの各氏、各アーティストはじめ、クラシックからポップスまで数々の各界の著名アーティストやグループと共演。クラシックの枠にとどまらず、独自のスタイルで演奏活動を展開している。
奥村伸樹オフィシャルホームページ http://www.okumuranobuki.com/

↑ PAGE TOP